読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piccole auto BLOG

国内外のコンパクトカーの記事をまとめたBLOG

世界基準なんて知らない

 スポンサーリンク

f:id:mob-channel:20150522152819j:plain

 世界全体で自動車の大型化が進んでいる。日本のメーカーの車ももちろんその流れに乗っている。なんでこんなにも大きくなってしまったのか、理由は多々あるだろうが一番は安全基準を満たすためなのだろう。

 例えばBMW MINI。もう既に大きさがMINIではないことはご存知だろうが、そのクロスオーバーは更に大きい。正直日本で使うには少し大き過ぎる気がする。下町の細い路地など切り返さなきゃ曲がれないし、入れない時もあった。どんなに優れたドライバーでも運転はかなりつかれるんじゃないか。いくら道が幹線道路が広くなってきていても狭い路地は依然として存在し続ける。それは欧米に比べると日本特有なのかもしれない。

 

 日本のメーカーは軽以外はほとんど国内に眼を向けなくなった。全てと言っていいほど海外の基準に合わせ売り上げを立てている。世界基準というやつか。もちろんそうしなければやっていけないのはわかっている。だけどそうじゃない、小さい車を求めているんだという層だってかなりいると思っている。実際にお客様の声として多く上がっていた。そういった声を無視し続けた。小さい車に乗りたければ軽に乗れ、と言っているかのように。しかし軽もそんなに小さなものではなくなってしまった。そんなにも大きさやスペースが大事なのか?

 

 ユーザーはワガママ言っていい。クレームとワガママは違う。ただ欲しい車はこんなだと言っていいと思う。そしてそれをメーカーは汲み取るべきだと思う。全部が全部はもちろん無理だがそれに近い選択肢を示せなければ何の為の日本車なのかとさえ思う。理想を言えば軽とコンパクトカーの間のカテゴリーがあってもいいと思う。むしろ軽を少し排気量あげて1.0l以下でカテゴライズするとか。そうすれば大好きな世界基準でもAセグメントになるじゃないか。と、勝手にワガママを言ってみる。

 

f:id:mob-channel:20150522152830j:plain

 最近ではダイハツエッセはとてもいい車だったと思う。これをベースに過去の名車のガワを着せ替えても面白いのになぁ…。ダイハツは今すぐミライースではなくエッセイースを作るべきだ!とワガママをいってみる。国産で今乗りたい車はエッセのMTです。

 

2016年 軽自動車のすべて: モーターファン別冊

2016年 軽自動車のすべて: モーターファン別冊